消費税

管理者 (2012年6月18日 12:08) | コメント(0) | トラックバック(0)

増税が濃厚になってきました。個人的にはもちろん反対であります。

ですがこの国民全体の国策に対する無関心ぶりはどうなんでしょう?なんか 諦めムード以前に興味すら持っていないような気がします。

10%程度の増税は我々の生活レベルを左右するほどの影響はない、とでも思っているのでしょうか?

この増税は単に

「買い物のときに10%多くお金をはらわなければなならなくなる」  ではなくて、

「我が家の全収入から貯蓄分を差し引いた額の10%を国に納めなくてはならなくなる」

と考えることができます。 どぉです?厳しいでしょお?

さらに、増税に踏み切るまでの道のりもおかしい。国民会議とか有識者会議とかもっともらしい単語並べてるけどそんなものは都合の良い人間だけを集めた結局最後は民自公3党合意で可決、国民不在のシナリオが見え見え。

あ、原発 動かすらしいですね。確かに今動かさなければ再稼動の可能性はずいぶん低くなると思いますからムラの人たちも必死ですね。しかし「安全なんですか?」の問いに対して「足りないから動かします」っておかしな問答ですよね。

だけど・・・本当に足りないのですか、電気?今年涼しいですよね?もう梅雨なのにムシムシじめじめ感が例年より少ないと思いませんか? なぜマスコミも、お天気お姉さんも、お天気おじさんも だ~れも今年は冷夏の可能性に言及しないのでしょう? 

値上げされた電気をがんがん使って各家庭が冷蔵庫になるほどクーラー回し続けるとでも思っているのでしょうか?

今年の夏は「冷夏」がNGワードなようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asamizu.jp/mt/mt-tb.cgi/42

コメントする